皮肉な旅の始まり。クアラルンプールトランスファーとカイロの空。

スポンサードリンク
写真:2003.8.7撮影、カイロ上空

クアラルンプール空港にて

今のLCCほどではないけど、大学生だからできるだけ安い航空券を探した。
そのため、日本からトルコ・イスタンブールの直行便というわけにはいかなくて、マレーシア・クアラルンプールで乗り換える。この場合、トランジットではなくてトランスファーと言うらしい。

数時間空いて、夜だし、街には出られないし、やることがない…。食事を取る時間と言っても限られているし、ずっとカフェスペースの隅の方に座ってガイドブックを眺めたいた。

ヨーロッパのおじさんおばさんの団体客もここにいて、そこを出るときに何やら話していた。揉めているという訳ではなく…。

しばらくするとケンタッキーのカーネルサンダースみたいなおじさんがこちらにやってきて、言った。

「ここには長く居る予定かい?」

「深夜まで」

と時計を指差すと、テーブルの上にマレーシアの硬貨をじゃらっと置いた。何か言って笑っていた。どうやら、もうマレーシアを出るから両替できない小銭を僕にくれたらしい。ありがたく頂戴した。

早速ケーキでも食べようと思ってカフェテリアに行ったら、

「ごめんなさい。もうお店は終わりよ」

と店員の女性に言われた。

さらにエジプトを経由する…

安い航空券はクアラルンプールだけではなく、さらにエジプト・カイロを経由する。確か、エジプトの航空会社と乗り合いになっていたんだったと思う。合計25時間くらいかかるのだ。

カイロでは降りる人だけが飛行機から出て、イスタンブールに行く僕や他の乗客は残った。

実は、カイロと言えば、僕がこれからする陸路のバックパッカーのゴール地点なのだ。スタート前にゴールに立ち寄ってしまうなんて、皮肉なものだ…。

ここから飛行機は1時間程度でイスタンブールに着いた。僕はこの距離を43日間かけて戻ることになる…。