シリア入国~アレッポ。バスに乗り遅れるも何とか何とか…。

スポンサードリンク
写真:2003.8.15撮影、トルコ出国

バスに乗り遅れる

マツイがアンタキヤの博物館に行きたいというので、僕は彼が見てくるまで近くで待っていた。
それから、昨日取っていたチケットのバスに乗るためにオトガルに向かう。

何か嫌な予感はしていた。
スタッフにチケットを見せると、

「9:00のバスじゃないか?もう行ったぞ」

と言われた。ほとんど分かっていたことだが、バスの遅れに期待していたような感じだった…。

結局、HASというチケットを取っていたバス会社の人がなんとかしてくれて、別のバスに乗せてもらえることになった。なんとかなって良かった。こういう融通は今の日本では通用するだろうか…。ダメなような気がする…。

まあ、とにかく助かった…。

シリア入国

だんだんと景色が変わって荒涼としたものになってくる。羊の群れが見えたりした。地平線も見えた。

バスの人がパスポートをまとめて出入国手続きを一括でやってくれる。バスで国境を越えるとそういうケースはよくある。

前にいた欧米人の旅行者カップルが、

「日本人って言ってるぞ。君たちだろ?」

と教えてくれて、パスポートを受け取った。

12:00シリア入国。

アレッポ行きに乗り換え

バスチケットは「アレッポ」行きのものを購入していたが、乗り遅れたことで「ダマスカス」行きのバスに相乗りさせてもらっていたらしい。

僕たちは途中で降りて、ミニバスに乗り換えた。人がたくさんできゅうくつ。急にアジア的なところに来た感じがする。旅をしてるという気分になる。

14:00アレッポ着。

クロックタワーを目印にしていたので、その場所を人に聞いて、予定の宿にたどり着いた。

ダブルの部屋は空いてなかったので、ルーフのドミトリーに泊まることになった。まるで工場を居抜きで宿にしたようなところで、そのルーフはちょっとワクワクする所だった。

今と当時と

シリア内戦とISの台頭で混乱のシリアとは裏腹に、当時はまったく危険という気配もなく、のらりくらりと入国したのだった。当然、シリアは戦地ではなかった。アレッポと言えば石鹸のイメージしかなかった。アレッポ石鹸をお土産にすると言ってる日本人旅行者がいたけど、いまだに使ったことがないなぁ・・・。どんなものなんだろう??

スポンサードリンク
スポンサードリンク