中国製 CCTV LENS 25mm F1.4 + Nikon1 – Cマウントでもケラレない!さらにセンサーサイズが小さいミラーレスがあった!?

スポンサードリンク
 

Cマウントでもケラレないカメラボディは?

上の写真は前回のTaylor Hobson 1.9/25 + Lumix GF2で撮った写真。ケラレてしまってる。
タイトルの「さらにセンサーサイズの小さいミラーレス」というのは、シネレンズのCマウントだとAPS-Cよりも小さいセンサーのマイクロフォーサーズ(Lumix GF2)でもケラレてしまうから、それよりも小さいと言う意味。

その存在を私は知らなかった!(PENTAX Qを除いては・・・)

いや、CanonもNikonもミラーレスを出してるらしいことは知っていた。SONYのフルサイズミラーレスの独壇場を許していられないし出すよね。でも、どうせAPS-Cなんでしょ?と思っていたら、なんと、Nikonは違った!!!

マイクロフォーサーズ > Nikon1

だった!!1インチというセンサーサイズで、Cマウントと相性が良さそう!
でも、ほんと、このカメラ知られて無さそう・・・。私よりもずっと以前からカメラ好きの友人に話してみたけど、この特異なセンサーサイズのことを知らなかった・・・。
wiki見たら2011年に出ていて、でもミラーレスの革命的フルサイズを2013年にSONYが出しちゃった(以前に書いた記事はこちら)から、Nikonはしまったと思って宣伝もしてないのではと・・・。新宿ヨドバシカメラに行ったら最新機種のNikon1 J5がちゃんと置いてあったからそんなことはないか汗(Amazonのレビューも思ったよりかなり多かった・・・)

Nikon1?PENTAX Q?

実は、センサーサイズの小ささではPENTAX Qがあることは知っていた。というか、それしかないと思っていた。だからケラレないためにはQを買うしかないな~と思っていたところで、このNikon1。

どっちがいいか迷う・・・。

ちなみにセンサーサイズは、
マイクロフォーサーズ > Nikon1 > PENTAX Q
PENTAX Qだと逆に望遠になってしまうことは仕方ないと思っていたけど、いろんなレビューを見ていて持ったときのホールド感が小さすぎて良くなさそうで、その1点でNikon1に決めた。(いずれPENTAX Qも買うかもしれないけど)

Nikon1の使い勝手は?

数少ないNikon1ユーザーのブログなどを読めば分かるんだけど、これが、いまいち!!笑
Cマウントのためのカメラでは!?と思ったのに、マニュアルのオールドレンズなどでは「絞り優先AE」を使えない、拡大してピントを見ることもできない。ただただ「ニコンのレンズ使ってね!」なカメラだった・・・笑。(こういうことやるとユーザー離れるよね・・・。PENTAXデジタル一眼レフのオールドレンズウェルカムな優しさに泣けてくる)

でも、ニコンのレンズに付いてる電子接点を偽装してくれるgfotoという存在を知って、これを現在ロシアから取り寄せ中です!大いに期待!世界が狭くなってよかったな~。

ちなみに、買ったのは写真のNikon1 J1を中古で。ボディにお金をかけられないので・・・。Cマウントの良いレンズに出会ったら、ビューファインダーが取り付けられるらしいNikon1 Vシリーズも使ってみたいな。ファインダーがあると撮るときの集中度合がちがうし、日差しが強いと液晶はやっぱり見にくくて。

Nikon1をAmazonで探す>>

中国製 CCTV LENS

2018年1月、やはりシネレンズは高いので、2本目ということでオールドレンズではないけどお試し価格のCCTV LENSを購入した。どのように見つけたかは忘れてしまったけど、Cマウントということでシネレンズ以外にもいろいろなレンズを試せるんだなと思った記憶がある。ebayで2000円くらい、日本でも5000円未満で買える。シルバーとブラックとあって安かったから両方買ってしまった笑。微妙にデザインが違うな。

日本のいろんなメーカーの防犯カメラのレンズがCマウントだったりして、そういうのも試してもいいね。私はあんまり惹かれないけど笑

ただ、CCTVレンズのことで思い出すのは、2011年に中古でPENTAX istDSを買ったころ。写真の写りに興味をもっていろんな海外のサイトなどを見ていたときに、ぐるぐるのCCTVレンズの写りに惹かれたことがあった。試してみたかったけど、今のように調達するような環境も自分の知識もそこまでいかなくて、実現しなかった。その心残りがどこかにあったのかもしれない。今実現できてるのはiPhoneとアプリがあるからで、意識してないけど世界も私の行動も変えてるから恐ろしい・・・。

上野にて Nikon1 J1 + 中国製CCTV LENS 25mm F1.4

3月25日、東京で桜満開発表があったあとの上野。
メインのレンズではなかったので、帰りのひとコマという写真だけど、ケラれてない!
このCCTVレンズ、絞りもヘリコイドも使いやすい。
写りは中心は新しいレンズらしく解像度がたかくて、周辺はぬめ~~っとしたぐるぐる感。
オールドレンズやシネレンズの写りの表現で「水彩画のよう」とか「絵画のよう」というのを見るけど、こちらもその感じがある。何のレンズか言わなければ、ちょっと高いシネレンズでも使ってるのでは?って思われそう笑

全部開放気味で撮ったのかな?
どの写真も周囲は特徴ある写り。フォトショップの指先ツールでべた~~~っとなぞったみたいにも見える。

中国製CCTV LENSそこまで期待してなかったけど、これもどのレンズとも違う面白い写りだった。
ただし、オールドレンズで写した時に感じる「なにか」がないんだよなぁ。これはこのレンズに限らず、今の私がすべての新品のレンズに感じてしまうことなのかもしれない・・・。

次回、映画の国から届いたシネレンズはピカピカでした!

つづく。

スポンサードリンク
スポンサードリンク