LOMO SMENA 8M – 機械式カメラ初挑戦で選んだロシアのトイカメラ。

スポンサードリンク

オールドレンズ沼にハマっていった経緯を詳細に辞典みたいに書きたいと思ったのだけど、私にとてもそのような能力はなさそうなので、箇条書き程度な内容でブログにしていこうと思う。詳しいカメラやレンズ情報はググってください!
安いロシアレンズなどを中心にハマったオールドレンズ沼ですが、そこそこ深くは行ったような気はしていて。どこかの誰かの参考になったら嬉しいです。またこういうのをきっかけに知り合いが増えたりするいいなとも思い書いて行きたいと思います。

買った経緯

購入は2017年4月末。
これはフィルムが流行っていると教えてくれた女の子の影響で、彼女はPENTAX SPという本格的な機械式一眼レフを選んだから、こちらはちょっと変わり種がいいなと思って見つけたもの。ネットでトイカメラで代表的なものって何だろうとググって、HOLGA、LOMO LC-A+、あとこちらのSMENA8Mあたりで迷って、写りとか値段とかでこちらを選んだ。

ところで、フィルムを入れるってわくわくするな〜。なんでだろう。バックパッカーのときを思い出すからかな?このおもちゃカメラで写るの?っていう楽しみかな?フィルムを入れる行為自体が、なにか未来の計画を立ててるってことだもんな。無制限にHDDやクラウドに撮影できるデジタルとは違うんだ。だからカセットテープがリバイバルしてたりするのかも。

トイカメラの思い出

トイカメラで思い出すのは、子供の頃小さいフィルムを入れて写すトイカメラをもらったこと。上の写真みたいなやつ。小さいフィルムって110フィルムって言うのね。こういうおもちゃカメラをよく見た時期がある。流行ってたのかな?たしか私と弟でひとつづつ使わせてもらった。もらったわけではなくて、親戚の誰かのを借りただけだったのかも・・・。急に記憶の変な扉が開いた感じだ。

ところが、現像してみた結果は真っ黒…。今は絞りとシャッター速度とフィルムのISO感度ことがなんとなく分かるから理解できるけど、おもちゃだから写るわけないじゃん!と子供ながらに思ってしまった。たしか、お祭りの夜に撮っていて、それは写るわけなかった。

撮影結果、失敗

2017年5月のゴールデンウィーク、伊豆伊東にて。
今回の結果だけど、残念ながらこちらも失敗!笑
おそらくちゃんと写っていたみたいだけど、使ってるうちにネジが緩んで隙間から光が入ってしまったらしく、巻き戻してるときに感光してしまったみたい。

下はかろうじて見える2枚。巻き戻してるときの画像が写りこんでしまってる…。

修理に挑戦

ネジが緩んでいて、隙間から光が入り込んでいたので、一度取り外してはめ直した。多分しっかりはまっていると思うけど、それ以降使ってない・・・。またそういう予定を入れないとなぁ。

次回はPENTAXの新しいカメラボディと大口径レンズを手に入れたので、そちらの記事を!

つづく。

スポンサードリンク
スポンサードリンク