PENTAX M 50mm F1.7 – とろけるボケ。Kマウントユーザーなら間違いなしのオールドレンズ。

スポンサードリンク
 

ひそかに人気なオールドレンズ

2017年6月購入。
たしか中古カメラ屋に安くあって試しに買ってみたのがきっかけ。M42マウントのTakumarが人気なのはなんとなく分かるけど、Kマウントなのにひそかに人気。ネットに作例が多いからかも。F1.4よりお求めやすいし、パンケーキとは言わないけど小さくて愛着の持てる感じもある。

たしかに写してみてもきれいなボケ。PENTAXの大口径レンズはとろけるボケと言われるけど、こちらもそのひとつ。F1.4と同じく最短撮影距離が45cmというのもインスタなどにアップする料理や小物の撮影などにも向いてるし良いです。F1.8 あれば十分だし。Kマウントのオールドレンズ入門にはおすすめです。

部屋の小物でボケの確認

奥はオールドレンズの本とか・・・

すごくきれいなぼけ。だけど、ちょっと紗がかかってるな・・・。バルサム切れ合ったのかも汗

絞り値メモってないのであれだけど、たぶん開放とF4くらい?ほんときれいなボケ。開放だとフワッとしすぎてしまいますかね~。

近くを散歩してみた PENTAX K-7 + PENTAX-M 1.7/50

作例を撮りに環八通り沿いを散歩しました。ほぼ開放で撮ったと思います。
前ボケもいい感じですね。

下の写真は少し絞ってるかな・・・。遠景も安心して撮れます。
PENTAX-M 1.4/50に引けをとらないくらいの綺麗なボケで、風景も撮れて使いやすいですね。

価格帯も低めなので、RIKENON 2/50 にならんでコストパフォーマンスの高いKマウントレンズだと思います。出回ってる数も多いので、最初のオールドレンズに迷っていたらぜひおすすめですよ~

次回もPENTAXの大口径レンズ。この時期はとろけるボケに惹かれていました笑

つづく。

スポンサードリンク
スポンサードリンク