SMC PENTAX 50mm F1.4 – バヨネット化したKシリーズ、短命の大口径レンズ。

スポンサードリンク

2017年6月末頃購入。
F1.4のレンズはなかなか高価で手がでない。こちらは中古カメラのジャンクコーナーでちょっとチリ入りのものが安かったので買えた。TakumarのF1.4も高くてなかなか買えないよね。

 

Kマウント化した最初のレンズ

1975年6月に発売されたPENTAX Kシリーズのレンズで、M42マウントのTakumarレンズから、バヨネット式のペンタックスKマウントに代わった。
そのあとのPENTAX-Mシリーズのレンズのフィルター径がφ49なのに対して、こちらはφ52。のちのオリンパスOMシリーズの発売でフィルムカメラでも小ささ競争となり、こちらはあんまり人気が出なくて1976年にはMシリーズが作られている。短命に終わってしまったレンズみたい。

携帯電話もiPhoneが普及し始める2011年までは各社「薄さ」を追い求めてたり、時代の波ってあるよね・・・。

 

試し撮り (PENTAX K-7 + SMC PENTAX 1.4/50)

近所での試し撮り。PENTAX大口径レンズのボケはやわらかくて綺麗。色もきれいに出る。45cmまで寄れるから植物とか小物とかを撮るのが楽しくなる。

薄いバルサム切れもあったと思う。この個体は逆光には弱くて、ちょっと白っぽくなってしまいました。

PENTAX-Mシリーズレンズよりやや大きいとはいえ、スペックは遜色ないので、F1.4という明るいレンズの中ではかなりお手頃です。こちらも物撮りには重宝するレンズですよ~

次回は、まだあった、別メーカーのKマウントレンズです!

つづく。

スポンサードリンク
スポンサードリンク