INDUSTAR 69 28mm F2.8 – トイカメラな写り。ハーフサイズカメラ「チャイカ2」に付いてた可愛いレンズ。でも無限遠が出ない?

スポンサードリンク

ハーフサイズカメラ?

2017年8月購入。LOMOの写りみたいなものを探していて出会った気もするし、ただ安いM39マウントだったから買ったような気もする。きっとどっちもだったんだろうな。

これはロシアのハーフサイズのレンジファインダーカメラ「チャイカ2」に付いているレンズ(チャイカ3も同じレンズかな?)。
ハーフサイズっていうのもよく知らなかったけど、フィルム節約のために写真一枚写る部分に2枚写せるようになってるカメラが出てたらしい。2倍写せるアイデアだね。
Instagramを見てると、フィルムのオリンパスPENなんかが人気みたいで、それで撮影した一枚の画面の中に2枚の写真が収まったものがある。使ってる彼ら彼女らはそれを面白いと感じてるみたい。ほんとは1枚ずつ写真になってたんだよって、私もつい先ごろ知ったところですが。

M39だけどフランジバックが合わない

このチャイカ2に付いてたINDASTAR69レンズは、なぜかM39マウントになっていて取り外せたらしい。このレンズだけがネットで数千円で売ってるので、私は例によってebayで購入。
以前に紹介したIndustar50-2よりも薄くて、ほんとおもちゃみたい!

ただ、交換レンズとして作られてないから、M39のフランジバックになっていない・・・。
ちょっと長いために、近くにしか焦点が合わない!泣
で、ググればちゃんと無限遠を出す方法が出てくる!やった!

1. マウントアダプターを削る

L39(M39)のマウントアダプターは、たいてい六角レンチで中を外せるようになっているから、ここを削ってフランジバックを合わせる方法。ダイソーで買ってきた鉄用のやすりでひたすら削った。1mmくらい削ればいいのだけど、金属だからぜんぜん減らない・・・。まあそれでもなんとか無限遠が出るようになった。

2. レンズをねじ込む(嬉しいおまけ付!)

この方法がとても簡単で良いです。こちらのブログで紹介されていた。名盤部分をはずすと、ヘリコイドをねじ込めるようになるので、それで深めにねじ込む。ただ、これはINDASTAR69の個体差があって、なぜかねじ込んでも無限遠が出ない個体もありました。
この方法の嬉しいおまけは、ヘリコイドのストッパーになっている下の金属をはずすと、撮影距離がかなり広くなるというもの!最短40cmくらいから焦点合います。

NEX-5R + INDUSTAR 69 2.8/28

2017年11月撮影。可愛いパンケーキだから散歩には最適です。中心意外、どこまでもピントが合ってない感じ。
光にもかなり弱くてファ~~~っと広がってしまいました。
コーティングがないということかな?

 収差もすごくて、ぐるぐるですね。
こんな写り、人によっては良くないんでしょうけど、私は惚れてしまいました!笑

LOMOよりもトイカメラらしい感じ!
しばらくはこのチャイカ2の可愛いパンケーキレンズをミラーレスに取り付けて散歩してました。逆光を避けて、ちゃんと絞ればもう少し普通の写真も撮れます。ただ、このレンズの面白味は半減してしまうかな・・・。

というわけで、なかなか面白いし比較的お安く手に入るので、ミラーレスユーザーにはおすすめレンズですよ~。一時期は普及させたいくらいに好きでした。香港にも持って行ったけど、どこかで画像アップしようかな・・・。

M39マウントは早くもこれにて一旦お休みで、次回からはさらなる癖玉を求めてプロジェクターレンズ沼です!最終回を迎えたのにふたたびバブルボケレンズから・・・笑

つづく。

スポンサードリンク
スポンサードリンク