Fujinon 55mm F2.2 – トリプレットというレンズ構成?和製バブルボケレンズに出会う。

スポンサードリンク
 

玉ボケ(バブルボケ)なレンズ構成のこと

上の画像はこちらのサイトから。
なんでも「トリプレット型」というレンズ構成があるらしい。
上のサイトの翻訳によれば、Meyer-Optikが約100年前の1916年に発表したもの。これがバブルボケをするらしく当時人気で、今も人気。そしてトリプレットの発展系であるエルノスター型やスピーディック型であれば玉ボケは出るらしい。今回のFujinon 2.2/55もそんなレンズ構成を持ってるらしい!

追記:2018.05.27
トリプレット自体はCooke社の発明のようです。こちらで少し歴史に触れましたので参考まで。

和製バブルボケレンズ

2017年7月、さらなる玉ボケレンズを探してヤフオクで探す。案外安くて5000円ほど。おまけでFUJICAのフィルム一眼レフボディが付いてきた(どっちがおまけなんだろう・・・笑)
F2.2ってあんまり聞かない絞り値だな。M42マウントなんだけど、フジのカメラ用のボッチが出ているのでそれをダイソーで買ってきた鉄やすりで削った(ググるとみなさんそうしてるみたい)。後玉のクリーニングマークがひどくて状態は良いとは言えなかったけど、今回はバブルボケを試したい!が先に立ってるからあまり気にしない笑

余談だけど、前回のSuper Takumar 105mm F2.8は「玉ボケレンズ」とは言われてないけど、調べてみるとエルノスター型みたい(Takumarに詳しいサイト)でこちらも同系統のレンズと言っていいのかもしれない。ただ、「バブルボケ」となると要因はそれだけではないのかな?こちらのような輪郭線くっきりなバブルボケではない気がする

 

代々木公園にて

木漏れ日の点光源を求めて代々木公園へ。この高架下の絵は小田急線からいつも見るけど、降りたのは初めて。
なんとなくバブルボケが出来そうな予感が…。

白い花をぼかせばバブルボケになるかなと思ったけど、弱いな…

小さいけど木漏れ日が泡泡になってる!

ついに!バブルボケ!!
玉の出方がホントくっきりしている。輪郭線がでる。
Instagramで見て、ほとんどマジックに見えた写りを手にした感じがあった。
レンズ構成でレンズを探すなんて思いもしなかった・・・。かくして、さらなるバブルボケレンズを追うのでした・・・。

次回は、ついに本家Meyer-Optikのレンズ登場です!

つづく。

バブルボケレンズまとめはこちら

スポンサードリンク
スポンサードリンク