Industar 50-2 50mm F3.5 – 小さなパンケーキだけどよく写る!テッサー型ってなに?

スポンサードリンク
 

テッサー型とは?

2017年7月購入。
Industarがついていても有名な星ボケは61で、それ以外にもいろんなレンズがある。これは小さいパンケーキレンズで、ebayで値段も高くない。ところが、これがすごくよく写る!なんだろう、このキリッとしたピントの合い方は!淡くノスタルジーなんてこのレンズの感想を言ってる人もいたけど、色もよく出てるし、オールドレンズじゃないみたい!という印象だった。

そこで調べてみるとこれは「テッサー型」というもので、「鷹の目テッサー」なんて異名があるほどよく写るレンズ構成らしい。このレンズ構成にも発展の歴史があるようです。やっぱり、Carl Zeissなんだよな~。ところで、星ボケの方のInudustar61も同じくテッサー型で、だから星ボケだけじゃなくて写りにも定評があった。

デジタル一眼レフに付けると、小さくてちょっと不釣り合い笑

試し撮り PENTAX K-7 + Industar 50-2 3.5/50

このレンズ、写りも、見た目も好きで、一時期よく使っていた。虹色のフレアが出ることも知られていてそれもちょっと試してみたり。

ピントの合い方がいいレンズ。
控えめなボケも悪くない。色のりもいい感じ。

風景もきれいに写る。

2017年7月の法事のあとの写真。つい最近のことだと思ったら・・・。

虹色のフレアを出してみる

逆光からややはずすと出る。
こういうのはInstagramに天才的な人がいるので、見て勉強したいところです。

よく写る可愛いパンケーキレンズ、一家にひとつ持ってみてはどうでしょうか?

次回は、M42マウントの大口径RIKENONです!

つづく。

スポンサードリンク
スポンサードリンク