1万円以下で買えるおすすめオールドレンズ5選。+変わり種レンズ3選。

スポンサードリンク

オールドレンズ沼も一段落したので、今回はおすすめレンズ5選をしてみたいと思います。

オールドレンズは高い」と思っていませんか?たしかにカールツァイスやライカは高いです。でも、そのコピーと言われるレンズや、写りに引けをとらないレンズが1万円以下でもたくさんあります。そんなおすすめレンズ5選です。(≫「お金がないけどたくさんのレンズを試す方法」はこちらの記事を参考に!

 

1万円以下で買えるおすすめオールドレンズ5選

その安さにも関わらず、高級レンズ並みの写りだったり、個性的で魅力的な写りをするレンズばかりです。現行レンズに悩んでいたら、オールドレンズなら数本買えてしまいますよ。デジタル一眼レフ・ミラーレスで使うにはマウントアダプターが必要です。(≫ マウントアダプターのことは「カメラ選び」の記事を参考に

XR Rikenon 50mm F2 (ペンタックスKマウント)

写りに驚き、歴史に惹かれ、オールドレンズ沼に陥るきっかけになったRikenon
PENTAXのデジタル一眼レフを持っていたことで偶然購入した。ピントの合ったところの際立ち方がなんかすごいです。貧者のズミクロンという異名がありますが、値段がとにかく安くて、状態そこそこのものなら2000円台で見つかるという恐ろしいコストパフォーマンス!現行のライカ・ズミクロンの価格を見ると驚愕します・・・笑

≫ Amazonでライカ・ズミクロンを探す

XR Rikenon 50mm F2の記事はこちら(当時の熱で書いてる文章です笑)

PENTAX-M 50mm F1.7 (ペンタックスKマウント)

とろけるボケを追い求めてるころに出会ったPENTAX-M 50mm F1.7
可愛いパンケーキサイズでありながら、50mm F1.4に引けを取らない写りです。旅行の際にも候補になる一本。最短撮影距離45㎝なので、物撮りにも重宝する。値段も4500~6500円くらいで買えるかなと。

PENTAX-M 50mm F1.7の記事はこちら

Super-Takumar 55mm F1.8 (M42マウント)

インスタで「オールドレンズ」検索すればまず出てくる人気のTakumar
アトムレンズで経年による黄変があるのがほとんどですが、それがノスタルジックな写りにします。また、逆光のフレアもきれいで、いつまで経っても飽きの来ないレンズです。使ってみると人気に納得ですね。値段も3000~6000円くらいで見つかるかと。

Super-Takumar 55mm F1.8の記事はこちら

Jupiter-8 50mm F2 (ライカLマウント)

ロシアレンズの名玉を探していると出会うJupiter
Carl Zeiss Sonnarのコピーというお墨付き。柔らかなボケはほれぼれしますね。個人的にはシルバーの鏡胴が歴史を感じて好きです。ライカLマウントはミラーレス機でないと使えません。そういう勉強にもなったレンズでした。

Jupiter-8 50mm F2の記事はこちら

Induster-69 28mm F2.8 (ライカLマウント)

ハーフサイズカメラ、チャイカ2に付いてたというInduster 69
これはebayで安くて試しに買ったのがきっかけだったと思う。逆光にも弱いし、収差もあるし、ピントもほとんどあってるのかどうなのか怪しいんですが、癖になります!笑。可愛いパンケーキなのも愛着がもてます。

Induster-69 28mm F2.8の記事はこちら

変わり種オールドレンズ3選

ここで紹介するのは、いわゆるカメラレンズではなくて、プロジェクターレンズやシネレンズです。マウントがちがうので自分で改造したりする必要があるため別枠にしました。改造済みのものもネットでは購入できたりします。

Pentacon AV (Diaplan) (M42マウント改)

バブルボケレンズとして有名なプロジェクターレンズPentacon AV (Diaplan)
いくつかの焦点距離がありますが、とくにこの100mm F3.5はヘリコイドの形がたまらないんです。試行錯誤して、なんとかPENTAXのデジタル一眼レフに適用したという思い出深いレンズです。人気はやっぱりカメラにちょうどいい80mm F2.8の方ですが笑

Pentacon AV 80mm F2.8 / Pentacon AV 100mm F3.5 (Diaplan)それぞれの記事はこちら

Astro Kino Color IV 50mm F1.4 (ソニーEマウント改)

Astro Berlin社という聞いたこともなかったメーカーのプロジェクターレンズ
ネットで海外の人の作例を見つけてどうしてもほしくなり、手に届いたときには感動すらしてました笑。SONYのミラーレスに取り付けて、無限遠は出ませんでしたが、写りのぜんぶが気に入ってます。まだまだ使いたいレンズです。

Astro Kino Color IV 50mm F1.4の記事はこちら

PO3-3M 50mm F2 (ソニーEマウント改)

パンクロコピーらしいぞという巷の噂を聞きつけて、気づいたら取り寄せてたPO3-3M
絞り羽の枚数を見ると、古い精巧な何かに触れてる感動があります。そして、線の細い写りにさらに・・・。勝手に、オールドレンズ沼の底だと思ってます笑

PO3-3M 50mm F2の記事はこちら

 

おわりに(変えて)、王道の誘惑。

ここまで1万円以下の安いレンズや、変わり種のプロジェクターレンズを紹介しましたが、最後にはやっぱり王道も1点紹介します。オールドレンズをやるからには使いたい1点ですね。

CONTAX Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 (ヤシカ/CONTAXマウント)

安い路線だけのオールドレンズのはずが、やっぱり買ってしまったPlanar
Carl Zeissレンズの誘惑はなんでしょうね。おすすめするまでもない標準レンズのキングです。ひとつくらい高価なレンズを持ってもいいんじゃないでしょうか!?とは言っても、現行レンズに比べればかなり安く使えるのがオールドレンズの良さです。値段は25000円〜50000円くらい。

CONTAX Carl Zeiss Planar 50mm F1.4の記事はこちら

まとめ

お気に入りの1本が見つかったら嬉しいです。「お得にカメラ・レンズと付き合う方法」なんかも書いてますので、レンズ購入の際の参考にしてください。

次回は、アイドルが愛用してるフィルムカメラを調べてみましたという記事です。

つづく!