CONTAX Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 (AEJ) – オールドレンズ沼最終回。T*コーティングの写り。

スポンサードリンク

2018年5月購入。
標準レンズの最高峰とも言われるPlanar 50mm F1.4、やっぱり試さずにはいられませんでした。王道は王道である理由がありました。

Yashinonから富岡光学熱がふつふつと再燃し、オールドレンズ沼にはまるきっかけになったのも富岡光学製のRikenon 50mm F2だったので、最後に同社が製造を請け負ったCONTAX Planarはふさわしいという思いもあり。オールドレンズ沼で言えば、個人的にはPO3-3Mが沼の底で、Planarで外のレンズ世界に戻れたなとも思ったり笑

ヤシカ(京セラ)の日本製と、Carl Zeiss本国のドイツ製がありますが、ドイツ製であるこだわりがなければ日本は手に入りやすく恵まれてますね。ebayより安いですし、人気レンズなのでヤフオクやAmazonの中古市場でもやり取りが活発です。

 

AEG/AEJと、MMG/MMJの違い。

CONTAX Carl Zeiss Planarには、AEG、AEJ、MMG、MMJという4つのタイプがあります。

最後の「G」と「J」の違いは、「made in Germany」と「made in Japan」の違い。

「AE」と「MM」は主には製造年の違いで分かれているようです。ヤシカ/CONTAXが発売された当初の1975年からのレンズが「AE」で、1985年ころからは「MM」になっているよう。性能としてはMMでは「プログラムAE/シャッター速度優先AEに対応した」とのこと。見分け方としては、絞り値16のカラーが緑のものが「MM」、白いものが「AE」とのことです。私のは白なのでAEですね(かなり黄ばんでますが・・・)

もう一つの「AE」と「MM」の違いとしては、絞りの形が言われています。
初期のAEタイプは、絞りが上の写真のようにギザギザが出てしまいます。そのため、絞りの状態によってはきれいな丸ボケになりません。総じていえば、MMの方が性能が良いようです。中でも、MMGは玉数自体がすくないために高額になっているとのこと。

≫ Wikipedia「コンタックス」

Carl Zeiss T*コーティングの魅力

私は、レンズの物撮りをPENTAX-M 1.4/50で行っています。このPlanarと同じ50mm F1.4で、ダブルガウス型(変形ダブルガウス型)というボケがきれいなタイプのレンズです。だとしたら、Carl Zeiss Planar 1.4/50もほとんど同じ写りなのでは?と思ってしまいますが、それでもCarl Zeiss レンズを試さずにはいられないのはT*コーティングの魅力だと思います。

焦点距離も明るさも同じなのに、「コーティングが違う」ことにこんなにも惹かれてしまうんですね。そういえば、Super-Takumarが売れたのもその贅沢なコーティングでした。そして、Carl Zeissの写りもやっぱり全然ちがいました。

2018年7月3日
ワールドカップで日本代表がベルギーに負けた早朝に、なんとなくこのレンズで撮ってみたくなって撮影しました。5月に買ったものの、特別になりすぎてて使うきっかけがなく。そして、この写り・・・。何でしょうか。明るいだけじゃないですね。恐ろしいほど美しく写ります・・・。これがT*コーティングの力なんですね・・・。

江の島の海岸にて。 SONY NEX-5R + CONTAX Carl Zeiss Planar 1.4/50 (AEJ)

2018年7月下旬。
35度越えの日々が一段落した曇りの日。江の島の近くの、稲村ガ崎という海岸に行きました。ここは映画『海街diary』のロケ地とのことです。

開放気味で撮ってますが、きれいに写ります。水平線が斜め・・・。気を付けないと。

カメラ女子さんに被写体をしてもらえました。本物の高校生ではありません笑。Carl Zeiss らしいなんとも言えない色の出方をします。肌もきれいに写りますね。

海での撮影はほとんど初めてだったかも。

「えいっ!」若干、ピント外してますね・・・。

Carl Zeiss Planar 50mm F1.4、説明不要の名玉です。T*コーティングは素晴らしかったです。

というわけで、オールドレンズ沼はこれにてひとまず終了です。また新しいレンズを買ったら作例をアップするかもしれませんが、一連の流れで試してきたオールドレンズとしては、ある程度満足してしまいました。読んでいただいた方ありがとうございました。カメラの熱が冷めたわけではありませんので、今後ともブログをよろしくお願いします笑

次回からは、何点か使えてないフィルムカメラがあるのでそれを試していく予定です。

初回はキングオブトイカメラLomo LC-Aの予定ですが、その前に、今回カメラ女子さんに協力してもらえたこともあり、カメラの趣味と出会いという話です!

つづく!

スポンサードリンク
スポンサードリンク