Yashica ML 50mm F1.9 – ヤシコン突入!最後から2番目はグルグルボケのヤシカレンズ。

スポンサードリンク

2018年6月に購入。
ヤシカ/CONTAXマウント。私のオールドレンズ沼もこれがひとまず最後のマウントです。もちろん、このYashica ML 50mm F1.9レンズを使いたくてヤシコンに突入したわけではなく、やはりCarl Zeissレンズを使いたくなって。その前になにかワンクッション入れなくてはとなぜか思い、購入したのがこのレンズ。

ヤシカ/CONTAXマウントと言われるとおり、カメラボディもヤシカとCONTAXと両方出ていたんですね。CONTAXレンズをフィルムで使いたい場合、CONTAXのボディは相変わらず人気で高値なので、ボディをヤシカのものにするのも一つの手かもしれませんね。

Yashica ML 50mm F1.9の製造は富岡光学かと思いますが、後期のものはコシナ製もあるようなので、もしかしたらコシナかも。

 

SONY NEX-5R + Yashica ML 50mm F1.9

2018年7月の法事帰りに、このレンズを使ってみました。
連日30度を超える暑さの日でした。

実家の家庭菜園のナスの花。意外にも、なかなかのグルグル。オールドレンズを始めたばかりのころは、グルグルと言えばHelios44しかないと思ってましたが、なかなかたくさんあるんですよね。これはちょうどHelios44と同じくらいでしょうか。

最短撮影距離は50cm。きれいにボケます。

前回のYashinonは、色合いがかなり鮮やかに出ましたが、こちらは同じYashicaレンズでも、だいぶ落ち着いた印象です。

風景のボケ方も悪くないと思います。
東名バスで江田で降りて、ここからあざみ野駅まで歩いて電車で帰るところです。あざみ野は、アップダウンがあって面白い街ですね。映画のロケ地とかになりそう。

あちこちに階段のある街ですね。

階段を上って、丘を越えると駅です。いや~、暑い日でした。

Yashica ML 50mm F1.9は、グルグルボケの特徴もありちょっとHelios44の対抗馬という印象でした。発色は地味目ですが、寄ったときのボケはいいですね。
ただ、言ってしまうと、Yashinonほどの魅力は感じなくて、グルグルボケならHeliosの方が面白い絵になるかなと・・・笑

あまり選択肢に登らないオールドレンズかもしれませんが、CONTAX Carl Zeissを買うまでのつなぎなんかにいいかもしれません笑。もう少し魅力を引き出したいところです。

というわけで、次回はオールドレンズ沼最終回です!!

次回は、ここまで回りまわってやっぱり惹きつけられてしまったCarl Zeissの標準レンズ、Planar!結局最後は王道でした!

つづく。

スポンサードリンク
スポンサードリンク