ブログ開始1年、AdSense収益を5倍にした簡単な施策(プラグインとチェック方法)

今回はブログの収益化のことを書いてみようと思います。ブログは実は2017年に作っていて1年以上なのですが、アフィリエイトを始めたのが2018年3月で11か月というところです。

ちょっとした施策でAdSense収益が、500円/月から2500円/月になりました!

1年で10万円/月稼げるようになってるすごいブロガーさんもいらっしゃるので、この5倍にはちょっと拍子抜けだったかもしれません・・・汗。初心者向けの記事ということで。

施策をネタバレすると、単純にAdSense広告を増やしました。もっと言うと、流入の多い記事にとくに増やしています。

初心者だと、そのためにプラグインを使ったり統計チェックをあまりしていないかもしれませんので、私がやったことを書いてみたいと思います。

 

まずは単純にAdSense広告を増やす

たぶんですが、初心者のときって広告を入れるのに抵抗があると思います。私はそうでした。

当初は、よくPCで見る感じのサイドバーの上にひとつと、記事の最後に2つという3つをつけるだけでした。でもこれは、以前の「AdSense広告は1ページ3つまで」というときのやり方なんですよね。

現在は上限も撤廃されています。しかも、広告があまりサイトの景観を害さないような良いものになってきているので、まずは単純に増やすのがいいです。

プラグインでAdSenseの「記事内広告」を入れる

ページ内に増やして入れたのはAdSenseの「記事内広告」です。

「記事内広告」はとても便利で、PC・スマホともレスポンシブで対応してくれます。

これを、最初と最後のH2の上にれました。つまり、記事内に2枚AdSense広告を入れました。

これを全記事に手動で入れるのは大変なので、プラグインを使います。

Advanced Adsプラグイン

「Advanced Ads」で、この「記事内広告」を最初と最後のH2の上を指定していれます。かんたんに全記事にAdSenseを追加できます。

Advanced Adsの使い方はググってみてください。

Google Analyticsなどでブログの統計をチェック

これはアフィリエイトをやる上の基本だとは思いますが、どの記事にいちばん流入があるか統計をチェックします。

Google Analyticsで見ればOKです。(Jetpackのサイト統計情報も便利なのでよく見ています)

Google Analyticsのホームの下の方に「ユーザーが訪れているページは?」という部分があります。もっと詳しく見ることもできます。

流入の多い記事には手動でAdSense広告を入れる

このブログのメインはオールドレンズなのですが、1記事の流入では実は「Photoshop CS2の設定」の記事です。

なので、この記事にだけは、中間のH2の上にも「記事内広告」を入れました。

必要とされている記事なので、広告が多くても見てくれるだろうって考えですね(人気のテレビ番組の広告単価が上がるのがイメージできます)

流入の多い記事は内容も強化

アフィリエイトの先輩方を見るといちばん恐れるのが「飛ばされる」ことですよね。検索に出なくなるという意味です。

なので、できるだけGoogleに飛ばされないように、内容を充実させました。初心者なのでこれで失敗することもあるかもしれないですが、試行錯誤ですね!

AdSenseの「URLチャネル」でチェック

URLチャネルに登録すると、どの記事からAdSense広告の収益が発生したかを見ることができます。

こちらの記事に、全記事をURLチャネルに登録する方法を書きました。

実際にそのページからの収益が増えていれば成功ですね!

 

おわりに

今回は、AdSense収益を5倍にする簡単な施策を紹介しました。PDCAとよく言いますが、あとはその繰り返しですね。

ただ、今のところは本当このヒットした1記事に頼ってるだけなので、それこそ飛ばされたら激減してしまう状態です・・・。やはり、もっと有益かつ検索ボリュームのある記事を書いていかないとですね。

また、アフィリエイトの方法はブログやツイッターで情報を発信してくれる方々がいるので見ると勉強になります。とくに再現性がある方法を惜しげもなく書いてくれているマナブさん(@manabubannai)がすごいです。物販ではマクリンさん(@Maku_ring)が参考になります。できるところから真似するのがおすすめです。

参考になりましたら幸いです。

ツイッター始めました。ご意見・ご質問などHiron(@hironoverland25)までお気軽にお待ちしております。
スポンサードリンク
スポンサードリンク