Premiere Proで文字を左から表示させるやり方・手順(テキストアニメーション)

Hiron
こんにちは、ブログを書いていますHironと申します。

今回は、Premiere Proでやりたかった「文字を左から表示させる」テキストアニメーションのやり方を紹介します。

「調整レイヤー」とか「After Effect」は不要でできます。

Premiere Pro初心者のステップアップにちょうどいいと思いますので、ぜひ挑戦してみてください。

Premiere Pro無料体験版がおすすめ

Premiere ProはこれからYoutubeなどをやってみたいと思っている動画編集初心者の方にも優しいソフトです。まずは、全機能が使える無料体験版をインストールしてみるのがおすすめです。下記に手順を紹介しています。

≫ Premiere Pro無料体験版のダウンロードはこちら

Premiere Proで文字を左から表示させる例

上のYoutube動画のような、左から文字が表示するテキストアニメーションです。

Youtubeはその部分が再生させるようにしてますが、表示しない場合は20秒あたりですのでゲージを動かしてみてください。

では、このテキストアニメーションのやり方を説明していきます。

Premiere Proで文字を左から表示させるやり方・手順

  1. クロップを使う
  2. 文字をマスクする
  3. キーフレームを設定する

手順をざっくり言うと、上のように、アニメーションさせたいテキストに「クロップ」を使って、キーフレームを設定します。

ある程度Premiere Proを使っている人でしたら、これだけで分かるかもしれません。

また、Windows10でPremiere Proを使っている場合、マスクの枠(バウンディングボックス)が表示しない不具合がある場合があります。下記記事に解決方法を紹介していますので参考にしてください。

【1】エフェクトから「クロップ」を検索

具体的な手順ですが、まずアニメーションさせたい文字を選択します。

アニメーションさせたいテキストが選択されている状態です。

エフェクトから「クロップ」を検索します。

このテキストに対して、クロップを適用します。クリックすればOKです。

テキストは2行になっているので、クロップを二つ追加しました。

追加した「クロップ」がエッセンシャルグラフィックスのテキストレイヤーの上に表示されていると思います。

【2】文字を1行ずつマスクする

つづいて、アニメーションさせたい文字を1行ずつマスクしていきます。

エフェクトコントロールを見ると「クロップ」は2つあると思います。

一つ目の「クロップ」を選択して、赤く囲んである四角いマークを選択します。

上の画像のように1行目の文字をマスクします。

同様のことをもうひとつの「クロップ」でも行います。

2行目の文字をマスクします。

※ちなみに、マスクをしないで「クロップ」の「上・下」で同様のことをやる方法もあります。やりやすい方でOKです。

【3】テキストアニメーションのキーフレームを設定する

最後に、アニメーションするようにキーフレームを設定します。

2行目のテキスト「LIKE PANCAKE LENS」を例に説明します。

画像上のように、「LIKE PANCAKE LENS」テキストが隠れるまで「クロップ」の「右」のパーセンテージを変更します。

テキストを出したいところにキーフレームを打ちます。画像下の矢印のあるところです。

今度は、画像上のように「LIKE PANCAKE LENS」テキストが表示するまで「右」のパーセンテージを変更します。

テキストをぜんぶ表示したいところまでキーを動かして、キーフレームを打ちます。画像下の矢印のところです。

再生してみると、文字が左から表示するテキストアニメーションになっていると思います。「THIN」「LIKE PANCAKE LENS」各々にこのようなキーフレームを設定すれば2行のテキストアニメーションができます。

同様のことをすれば、何行でも応用していけますね。

以上が、Premiere Proで文字を左から表示させるテキストアニメーションのやり方・手順でした。

Premiere Proで文字を左から表示させるやり方 – おわりに

というわけで、今回はPremiere Proで文字を左から表示させるテキストアニメーションのやり方を紹介しました。

調べて見ると、「調整レイヤー」が必要とか「After Effect」が必要とかが出てきて諦めかけたのですが、「クロップ」でやる方法が分かったので備忘録も兼ねて記事にしました。

Premiere Proは初心者でも使いやすい動画編集ソフトですが、やれることは膨大です。ひとつひとつ覚えていきたいですね。参考になりましたら幸いです。

≫ Premiere Pro無料体験版のダウンロードはこちら

無料でPremiere Proを使う手順