マリーナベイサンズのフリーWi-Fi接続方法(ログインできないホテル用に注意)

Hiron
こんにちは、旅行が大好きなHironと申します。(@hironoverland25)

今回は、シンガポールの観光地『マリーナベイサンズ』のフリーWi-Fi情報を紹介します(※2019年5月の情報になります)。

マリーナベイサンズのWi-Fiにはホテル宿泊者用があり、こちらには宿泊者でないとログインできないのでご注意を。

また、予定していたネット接続(au世界データ)ができなかったので、シンガポールで使えるポケットWi-Fiのことと、ネットがつながらないいざというときに助けになるGoogleマップの「オフラインマップ」機能というTIPSも合わせて紹介します。

オフラインマップは日本でも設定できるので、あらかじめやっておくと安心ですよ!

 

マリーナベイサンズのWi-Fi接続方法

マリーナベイサンズのフードコート

マリーナベイサンズに実際に行ってみて、使えるWi-Fiは大きく2種類あるようでした。

ひとつはホテル宿泊者用。もうひとつは、誰でも使えるフリーWi-Fiです。前者はホテル宿泊者しかログインできないので豪注意ください。

  • ホテル宿泊者向けのWi-Fi
  • 誰でも使えるフリーWi-Fi

ホテル宿泊者向けのWi-Fi(宿泊者以外はログインできない)

ホテル宿泊者向けのWi-Fiは「Marina Bay Sands」という名前です。

これに接続できるかと思ったのですが、遷移ページで宿泊者名や部屋番号の入力を求められます。

今回は宿泊してなくてログインできないので、こちらは使えませんでした。

ホテル宿泊していなくても展望台に行けます

楽天グループ「Voyagin」より

ちなみに、ホテル宿泊していなくても有料でマリーナベイサンズの展望台には行けますよ。楽天グループ「Voyagin」なら割引で安く行けますのでチェックしてみてください(当日OK!)

フードコートで誰でも使えるフリーWi-Fi

フードコートで使えたWi-Fiは「SANDS HOTSPOTS」という名前のものです。

遷移ページで「I ACCEPT」をタップすればWi-Fiに接続できます。接続すると、画像右のようなページが表示されます。

フードコートでの休憩中に使いましたが、ほかのショップエリアで使えるかは未確認です。

シンガポール旅行におすすめのポケットWi-Fi(au世界データ使えず・・・)

つづいて、やはり持っておくと安心なWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)を紹介します。

実は、1年前に台湾旅行をしたときに「au世界データ」が使えて便利だったので、今回のシンガポール旅行でもこれを使おうと思っていたのですが、残念ながらほとんど使えず・・・でした。

実際には、チャンギ空港のターミナルでは使えたのですが、それ以降は接続できませんでした・・・。

私のスマホの問題もあるかもなので、予定の人はauに確認してみてください。シンガポールは対象にはなってますので。

SIMよりもWi-Fiルーターがおすすめ

個人的には、SIMよりもWi-Fiルーター(ポケットWi-F)がおすすめです。SIMを使うにはSIMフリーのスマホかSIMロック解除をしておく必要がありますが、Wi-Fiルーターならスマホに関係なく使えます。

人気の3メーカーをご紹介します。4G LTEの料金は下記の通り。使えるデータ量がメーカーによって違います。3Gプランだともう少し安いですよ。

WiFi 4G LTE(1日の料金) 公式サイト
イモトのWiFi 1,580円(早割り20%OFF)/500MB 詳しく見る≫
グローバルWiFi 921円/250MB 詳しく見る≫
jetfi 680円/350MB 詳しく見る≫

海外用ポケットWi-Fiレンタルサービス

XCom Global

Googleマップのオフラインマップ(ダウンロード)

最後に、Wi-FiがつながらないいざというときのTIPSを。それは、Googleマップのオフラインマップです。

予めダウンロードしておくことで、ネットにつながっていないオフラインの状態でも見られるんです。

これは対象エリアが決まっているようなんですが、シンガポールはダウンロード可能ですよ。(残念ながら日本は不可・・・)

オフラインマップのダウンロード手順は、

  1. Googleマップアプリでシンガポールを表示する
  2. メニューからオフラインマップを選ぶ
  3. 「自分の地図」を選ぶ
  4. 地図をダウンロードする

となります。では、詳しく画像で解説していきます。

まずは、スマホの「Googleマップアプリ」でシンガポールを表示しておきます。

つづいて、画像左のようにメニューから「オフラインマップ」を選択。

すると、画像右のように「自分の地図」というところがあるので、ここを選択します。

すでに私がダウンロードしているマップが出ていますね笑

上の画像のように出ます。ここで地図を動かしたりもできます。

「ダウンロード」を押せば、オフラインマップがダウンロードされます。

これをやっておくと、Wi-Fiがないところでも、とりあえずGoogleマップは見られるので迷うこともないですよ。

さらに、行く予定の場所に「星印」などを付けておくと迷わないですよ!

オフラインマップの作業は今すぐにでもできますので、旅行予定の方はやっておいてくださいね。

 

おわりに

というわけで、シンガポールのマリーナベイサンズでのフリーWi-Fiの接続方法をメインに、ネット関連の情報を紹介しました。

旅行をするにもネットがあると便利ですよね。今回のシンガポール旅行では「au世界データ」がうまく繋がらなかったので、フリーWi-Fiにも助けられました。

シンガポールでのフリーWi-Fiでは、チャンギ空港『ジュエル』でも使えましたよ。下の記事で紹介していますので、予定のある方は参考にしてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

シンガポールはコンセントの形が違うので、変換プラグをお忘れなく!

シンガポール旅行1日の予算

チャンギ空港『ジュエル』