Premiere Pro動画編集に必要なPCスペック。おすすめノートPC選び【初心者向け】

Hiron
こんにちは、動画撮影にはまり出しているHironです。(Twitter / Youtube)

この記事の対象者

Premiere Proで動画編集をしたいと思っているけど、必要なスペックのPCが分からないという方。動画編集におすすめのノートPCが知りたいという初心者の方。

今回は初心者向けに、Premiere Proでの動画編集に必要なPCスペックと、ノートPCについて考えてみました。

ざっくりと選び方を言ってしまうと、いわゆる「ゲーミングPC」のようなスペックがあれば問題なく動画編集ができます。

私が使っているモバイルノートPCも紹介しつつ、おすすめノートPCを紹介します。

私も現在のモバイルノートでYoutube約100本の動画をアップしていますので、スペックは具体的な参考になると思います。

≫ Youtubeチャンネルはこちら(Hiron)

無料でPremiere Proを使う方法

動画編集PC選びのときに見るべきポイント4点

初心者向けということで、PCの見るべきスペックを一応紹介します。

下記の4点が何を意味しているかは理解している必要があります。

  1. CPU
  2. メモリ
  3. GPU
  4. SSD

簡単に意訳して紹介すると、

  • CPU:処理速度
  • メモリ:一度に起動できるタスク量
  • GPU:映像における処理速度
  • SSD:データの保存容量

という感じになります。

これに加えて、できれば外部ポートの種類と数も確認しておくと安心です。

というのは、動画データは大きいため、外部保存が必須になるためです。私が使っているポータブルSSDを下の記事で紹介しているので良かったら参考にしてください。

動画保存におすすめポータブルSSD

Premiere Proを使うための必要PCスペックは?

Premiere Proを使うための必要PCスペックは、Adobe公式サイトに記載されています。

そちらはかなり詳細になりますので、ここでは、上の4点に絞って紹介します。

最低限 推奨
CPU Intel第6世代以降または同等AMD Intel第7世代以降または同等AMD(Win)
メモリ 8GB HD:16GB/4K:32GB
GPU 2GB 4GB
SSD 256GB 1TB

Mac PCの場合は、推奨CPUもIntel第6世代以降ということになっています。

CPUはIntelの同じ世代のものでも、Corei5とCorei7がありますが、できればCorei7の方が処理速度が速くおすすめになります。

GPU(グラフィックカード)は、GeForce, Radeon, Graphicsなどの表記があるかの確認が必要になります。推奨のものに関しては、下記のAdobe公式と照らし合わせてみてください。

SSDに関しては、公式サイトではインストールサイズに必要な空き容量という書き方なので、動画データの保存とした場合に、私なりに書いたものになります。

≫ 詳細必要スペック(Adobe公式)

参考:私が動画編集に使用しているノートPCのスペック

品名:ASUS Zenbook 13 UX331UN

CPU:Intel Core i5-8250U(第8世代インテルCore i5プロセッサー)
メモリ:8GB
GPU:NVIDIA GeForce MX150
SSD:256GB SSD

参考に私が動画編集に使用しているノートPCのスペックは上記の通りです。2018年に購入したもので、約2年間使っています。

2020年6月現在、YoutubeチャンネルにはこのノートPCで動画編集した動画を約100本アップしていますので、かなり使えるPCです。

≫ Youtubeチャンネルはこちら(Hiron)

当時で家電量販店のポイントなどで割り引いて、110,000円ほどでした。

購入の決め手は、Mac Book並みの薄さ、軽さ、シンプルなデザインでした。カフェなど外で作業したい私にはこのようなモバイルノートタイプが合ってました。

2020年の今もAmazonでは値崩れしないで検討しています。まだまだ十分使える動画編集もできるモバイルノートです。

iMacが見切れていますが、かなりの型落ちで、ネットサーフィンやYoutube視聴専用機になっています・・・。

安く買える動画編集対応スペックのおすすめノートPC

動画編集の場合は、ある程度のスペックが必要になりますので、格安と言っても10万円以上の価格帯になってきます。

私が使っているモバイルノートもまだまだおすすめですが、WindowsユーザーならBTOのゲーミングノートPCが安くておすすめです。

一方で、Macユーザーの場合は、Mac Book Airではスペック不足になってしまうため、Mac Book Proを選ぶ必要があります。

Windows ゲーミングPC(BTO)

品名:Frontier LNシリーズ

CPU:Intel Corei7-9750H(第9世代インテルCore i7プロセッサー)
メモリ:16GB
GPU:NVIDIA GeForce GTX1650
SSD:1TB M.2 NVMe SSD

FrontierのゲーミングノートPCは、スペックに比べてかなり安くておすすめです。

私のモバイルノートは最低限のスペックでしたが、こちらはかなり推奨スペックに近い内容です。

次に紹介するMac Book Proで言うと、ハイエンドクラスに近いものになります。動画編集初心者だけでなく、映像クリエイターでも対応できるスペックと言えます。

さらに、GPUの性能が高いFrontier GNシリーズもおすすめです(比較的価格抑えめです)。

Frontier LNシリーズ ゲーミングノートPC GeForce GTX 1650
created by Rinker
Frontier GNシリーズ ゲーミングノートPC GeForce GTX 1660 Ti
created by Rinker
ハイスペックで格安というかなりのメリットがありますが、デメリットを記しておくと、Mac Book Proのようなサイズ感ではないことがあげられます。

Mac Book Pro 13インチモデル

品名:Mac Book Pro 13インチモデル

CPU:Intel Core i5(第8世代インテルCore i5プロセッサー)
メモリ:8GB
GPU:Intel Iris Plus Graphics 645
SSD:256GB

こちらはMac Book Proの中ではいちばんローエンドのものになります。

Premiere Proの動画編集対応スペックとしては最低限を備えたノートPCです。私の所有しているZenbookに近いですね。

また、WindowsゲーミングノートPCに比べると、スペックの割には割高になってしまいます。

ただし、その分、デザイン性や軽量、薄型と言う点の強みがあります。とくに、モバイルノートとして使う場合には、選択肢としてかなりありだと思います。

余裕があれば、16インチのハイエンドクラスももちろんおすすめです。多くの映像クリエイターに選ばれています。

おわりに – Premiere Pro動画編集に必要なスペックのノートPC選び

というわけで、今回はPremiere Proでの動画編集に必要なスペックの紹介と、おすすめのノートPCをピックアップしました。

WindowsのゲーミングノートPCはかなり格安でハイスペックなのでおすすめですが、軽量、薄型、デザインという点ではMac Book Proに一歩及ばないところがあります。

私が使用しているASUSのモバイルノートもデザインとスペック的にはなかなかおすすめです。価格もこの中では一番安いです。

初心者が手軽にというところで、ノートPC限定で紹介しましたが、もちろんiMacやデスクトップPCという選択肢もあります。

以上、参考になりましたら幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました。

紹介したノートPC

Frontier LNシリーズ ゲーミングノートPC GeForce GTX 1650
created by Rinker
Frontier GNシリーズ ゲーミングノートPC GeForce GTX 1660 Ti
created by Rinker

動画保存におすすめポータブルSSD