【奥多摩湖】麦山浮橋・みとうさんぐち駅の行き方。東京フォトスポット!

麦山浮橋 (by Google Map)

先日、フォトスポットで有名な奥多摩湖の「みとうさんぐち駅」に行ってきましたので、その行き方を紹介します。「麦山浮橋」も近いので同時に行くことができますよ。ちなみに、紹介するのは電車とバスでの行き方になります。

※麦山浮橋は天候などの影響で渡れないことがありますのでご注意ください!

今回は麦山浮橋が渡れないことを知らずに行ってしまったため同じ道を引き返したのですが、探したところ情報が「山のふるさと村ブログ」に掲載されていました。行く前に確認してみてください。

≫「東京都立奥多摩湖畔公園 山のふるさと村」ブログ

 

JR中央線・青梅線で奥多摩駅まで

青梅線の終点の奥多摩駅に向かいます。新宿からだと1080円、2時間弱かかります。

写真は電車からの風景です。到着間近かな?東京都内とは言え、だいぶ景色が変わりますね~。

気温と雨の対策を!

10月の連休に行きましたが、東京都区内は25℃くらいで半袖でも大丈夫な陽気でしたが、奥多摩は20℃を下回っていたと思います。肌寒かったです。羽織るものは持って行った方がいいです。

また、天気も都区内よりも曇っていて雨の降った跡がありました。山の天気は変わりやすいと言いますので、折り畳み傘もあると安心ですよ。

バスで麦山浮橋・みとうさんぐち駅へ

かなりあいにくの天気でした・・・。

バス停は、奥多摩駅のすぐ向かいにあります。バスはもちろんSuica・Pasmoが使えますので、ちゃんとチャージしてあれば整理券を取らなくても大丈夫ですよ。駅近くには売店がありますが、この先ではちょっと見かけなかったです。食べ物・飲み物は準備して行った方がいいかもですね。

西東京バスの奥10または奥12に乗ります。丹波または小菅の湯方面のバスですね。

「麦山浮橋」と「みとうさんぐち駅」の位置関係


緑色が各バス停、黄色が目的地です。こんな感じで、麦山浮橋を渡ったところから、みとうさんぐち駅は1.5kmくらいなので、歩いても行ける距離です。

「麦山浮橋」の行き方

「小河内神社」で下車してすぐのところです。バスから麦山浮橋が見えます。

ここで親子が降りていました。

「みとうさんぐち駅」の行き方

奥10の場合は、「深山橋」下車。
奥12の場合は、「陣屋」下車。

深山橋からだと2つ橋を渡り、陣屋からだと1つ橋を渡ります。私たちは深山橋で降りました。料金は580円。橋から釣りをしてる人がいました。

歩いていくとロープウェイの鉄塔があるので場所はすぐに分かりますよ。登り口の向かいには、自動車の休憩所とトイレもあります。マップを見るとこんな感じ。左側から歩いています。

by Google Map

マップの通り、みとうさんぐち駅は道から見えるくらいのところにあるので、険しい山を登るとかはないのです。下は入り口の階段です。

でも、廃駅なのでひとりだとちょっと怖いかも・・・笑

外側の階段から、屋上にも出られるようになってますので、お見逃しなく!

最後に、観光プランをまとめてみました。

 

麦山浮橋とみとうさんぐち駅を両方行く観光プラン

by Google Map

麦山浮橋が渡り切れるときの観光プランになりますが、電車とバスで観光する場合は下の2パターンになるかと思います。16時までそば屋の陣屋がやっていますので、うまく時間が合えば休憩しつつ観光できますね。

by Google Map

麦山浮橋に先に行くプラン

奥多摩駅

「小河内神社」バス停下車
麦山浮橋観光

歩いて1.5km

みとうさんぐち駅観光
「深山橋(または陣屋)」バス停

奥多摩駅

みとうさんぐち駅に先に行くプラン

奥多摩駅

「深山橋(または陣屋)」バス停下車
みとうさんぐち駅観光

歩いて1.5km

麦山浮橋観光
「小河内神社」バス停

奥多摩駅

バスが一時間に一本という程度ですので、その辺はあらかじめチェックを。また、麦山浮橋が渡り切れない場合が多くありそうですので、「山のふるさと村ブログ」をご確認ください。

≫「東京都立奥多摩湖畔公園 山のふるさと村」ブログ

というわけで、奥多摩湖の麦山浮橋とみとうさんぐち駅への行き方をご紹介しました。これから紅葉のシーズンはますます絶好のフォトスポットになりますね。今回こちらで撮影した写真は、また改めて紹介できたらと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました!

ツイッター始めました。ご意見・ご質問などHiron(@hironoverland25)までお気軽にお待ちしております。
スポンサードリンク
スポンサードリンク