【データ復元】EaseUS Data Recoveryの使い方。無料版あり。写真データうっかり削除にぜひお試しを。

Hiron
こんにちは、ブログを書いていますHironと申します。

今回は、データ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizardの使い方を紹介します。カメラが趣味の人には嬉しい、「うっかり削除してしまった写真」の救世主になりそうですよ。

写真が好きで旅行などでたくさんの写真を撮っていると、整理のためにどうしても削除することはありますよね。うっかり削除してしまうと、大抵諦めてしまうのですが・・・笑

そんなときに写真を復元できるソフトです。(もちろん、写真に限らずデータファイル全般復元が可能ですよ)

使い方もかんたんで、無料版もありますので、このような状況の人はぜひためしてみてください。

では、使い方を紹介します。

データ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」とは?無料版あり!

今回データ復元に使用したソフトは、「EaseUS Data Recovery Wizard」です。

私はWindows10のPCを作業にメインで使っていますので、Windows版を使いましたが、そのほかにもMac版、またスマホ用にAndroido、iPhone・iPadのデータ復元版も提供していますね。

ほとんど全てのデータファイルに対応

サイトでも「全形式」と謳っているように一覧を見ると、ほとんどすべてのデータファイルに対応してるのではないでしょうか?

カメラが趣味の人にとっては、RAW写真データの復元にも対応しているのはうれしいところですね!

無料版もあり。2GBまで。

Free, Pro, Techと3タイプがあります。

Free版で2GBまで試すことがあるので、うっかり消してしまったひとはまずはこちらを試すのがいいと思います。Tech版は企業向けの感じですね。

≫ 「EaseUS Data Recovery Wizard」のダウンロードはこちらから

テスト復元データの準備(SDカード内の写真)

データ復元テストにはSDカードの写真データを使いました。カメラをやっているとSDカードの写真データ削除がいちばんありがちではないですか?

「EaseUS Data Recovery Wizard」は、復元データと復元したデータ置き場を別のドライブにすることを推奨しています。SDカードなら外部ドライブになりますのでOKですね。

SDカード内に「recovery-test」フォルダを作成

フォルダの中身の写真データ

以前に物撮りしていた写真のデータです。これを「recovery-test」フォルダごと削除しました。

結果はどうでしょうか?

復元の手順を紹介していきます。

「EaseUS Data Recovery Wizard」でデータ復元する手順

「EaseUS Data Recovery Wizard」の復元手順はかんたんで、下の3ステップでできます。

  1. 紛失場所の選択
  2. デバイスをスキャン
  3. 紛失データのプレビューと復元

【1】復元したいドライブ(紛失場所)を選択

今回はSDカードなので、外部ドライブ(D)を選択します。ごみ箱なども選択することができます。

【2】外部ドライブをスキャン

スキャンするとこのようにファイルが表示されますので、復元したいフォルダを選択します。この時点では復元はされてません。

「recovery-test」フォルダも表示されました。写真の枚数12枚というのも合ってますね。✔をつけます。

追加テスト。過去の削除ファイルも復元できる?

スキャンの表示を見ると「削除されたファイル」という項目もありました。

これはかなり昔に削除した写真だと思いますが、追加テストとして、これも復元できるのか「DCIM」フォルダにも✔してみました。どうでしょうか。

【3】復元する。「リカバリー」を押して待つだけ。

「リカバリー」ボタンを押すとデータ保存する場所を聞かれます。

上でも書きましたが、「元の場所と異なるドライブにしてください」とのことなので、PC内のフォルダを指定しました。

リカバリー開始です。

これにはちょっと時間がかかります。今回のテストで5分くらいでしょうか。外部ドライブの読み込み速度の問題や、PCのスペックにもよると思います。

結果は?「EaseUS Data Recovery Wizard」での復元データを確認。

というわけで、結果を確認しましょう!復元できたのでしょうか?

ファイルのルートを見てもらえば分かると思いますが、PC内のフォルダにばっちり復元できました!

追加テスト・過去の削除ファイルの復元は?

テスト用に直前に削除した写真データとは別に、スキャンで出現した過去のファイルたちです。結果は・・・、

このような感じでした。

赤い猫みたいのは画像閲覧ソフトIrfanviewのファイル表示です(いまだに使ってます笑)

Irfanviewファイルになっているのは、残念ながらJPGとしては見られないファイルでした。

見られるJPGでも、昔のファイルは完全には復元はできてませんね~。という結果となりました。

まとめ。大切なデータ復元に試す価値あり。

というわけで、今回はデータ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」の使い方を紹介しました。

直前に削除した写真データをばっちり復元することができました。一方でかなり昔の復元はむずかしそうでした。

なので、「しまった!」とうっかり削除してしまったときには十分救世主になりそうです。こういうソフトがあることを覚えておくだけでもいざというときにためになるのではと思います。参考にしていただけたら幸いです。

≫ 「EaseUS Data Recovery Wizard」のダウンロードはこちらから

ツイッター始めました。ご意見・ご質問などHiron(@hironoverland25)までお気軽にお待ちしております。
スポンサードリンク
スポンサードリンク