【予算】2泊3日の金沢旅行の費用報告!安く行けたネット割引の使い方も。

Hiron
こんにちは、旅行が大好きなHironと申します。(@hironoverland25)

2019年8月の初旬に、2泊3日で初めての金沢旅行をしてきました。

今回の金沢旅行では、ネット割引を使うことで、東京からの交通費と、ホテルの宿泊費がかなり抑えられたと思います。

計算してみたところ、ネット割引で1人当たり4000円も安く行くことができていました!

東京発~金沢の予算ですが、ネット割引の使い方はどこから行くにも参考になると思いますので、ぜひ読んでみてください。

2泊3日の金沢旅行の費用報告!予算の参考に。

まずは、2泊3日の金沢旅行でかかった費用の報告から。友人との2人旅ですが、費用は1人分で書いていきます。

金沢旅行1人分の全費用

東京~金沢往復:20600円
ホテル2泊(朝食付き):12700円
白川郷バス往復:3600円
レンタカー1日(ガソリン代含):4000円
お小遣い3日分:12000円

合計52,900円くらい

3日間まるまる観光できたため、金沢旅行と言いつつ、白川郷に行ったり、レンタカーを借りて少し遠出をしています。

あくまで「金沢市内」に限定すればバス・レンタカーはかからない費用かなと。その場合は7600円は安くできますので、予算は45,000円くらいと言ったところでしょうか?

では、それぞれの費用を詳しく紹介していきます!

金沢旅行観光コースの詳細は下記事に載せています。

金沢観光のお小遣いはいくらが妥当?(食費・市内交通・入場料など)

金沢観光のお小遣いは3日分でだいたい12000円でした。これは食事代や、交通費、入場料、雑費など。1日4000円の予算になりますが、実際には3日目があまり使っていないのでちょっとバランスは違いますね。

(お土産代も含めるともうちょっと必要かもです。)

食費 – 夕飯は地元の個人店へ

金沢観光の楽しみのひとつは食・グルメですよね。とくに夜は良さげな地元の個人店に入るようにしました。

ちなみに、あらかじめ入るお店は決めていなくて、歩きながら見たり、その場でGoogleマップを見ながらうろうろして入るという感じでした笑

郷土料理のお店では、地元の人と話したりもできてほんと良い旅になったと思いました。

1人分の食費

1日目昼、駅で海鮮丼定食850円
1日目おやつ、かき氷、900円
1日目夜、焼き鳥屋、2500円

2日目昼、カフェでごはん、850円
2日目おやつ、白川郷でアイス、400円
2日目夜、片町で郷土料理、3200円

3日目昼、ドライブ途中で海鮮丼、550円
3日目夜、コンビニ、500円

食費合計:9750円

最近はものすごく暑い日本の夏。これ以外にもちょこちょこジュースなどは買っていて、常に持っていました。そういう雑費も入れると1人10000円ちょっとはかかったと思います。

また、3日目最終日にも良いお店でご飯を食べたかったのですが、ドライブでの移動に時間がかかって、帰りのバスの時間もあったのでゆっくり夕飯は取れずコンビニで・・・。ちょっと残念。

地酒などお酒を飲みたい人はその分も計上をお忘れなく!私はビール2本くらいしか飲んでいませんので笑

金沢旅行中に行ったお店の情報は観光コースの記事に載せていますので、見てみてください。

市内交通 – 循環バスが充実

金沢市内はバスが充実しているので、移動はとても楽でした。タクシーを使うこともないですよ。

観光客が主に使うバスは、市内を循環している周遊バスで3種類が走っています。どれも料金は同じで、

周遊バス・1乗車:200円

です。

金沢駅には観光パンフレットがたくさん置いてあるのですが、金沢市観光マップにバスのルートが書いてあるのでぜひもらっておいてください!すごく便利ですよ!(上の写真のもの)

注意点としては、循環バスの最終便が20時くらいだったと思いますので、夕飯をホテルから遠くで食べる場合は要チェックで。

ただ、金沢市内は比較的こじんまりとしているので、体力があればほとんど歩いてでも行けてしまうと思います。

施設入場料 – 兼六園、21世紀美術館

  • 兼六園、310円
  • 21世紀美術館、800円(展示により異なる)

私たちが有料で入った施設は兼六園だけでした。21世紀美術館は無料エリアと有料エリアがあるのですが、無料エリアでもそこそこ見られます。

実は、有料エリアにも入る予定だったのですが、夏休み期間ということもあってチケット売り場が長い列でほかの観光もあったので泣く泣く諦めました・・・。

チケットは事前にコンビニで買えるようなので、見たい展示がある人は事前に買うことをおすすめします!

インスタでも人気の「プール」は有料エリア

21世紀美術館でインスタでも人気のプールですが、以前は無料エリアだったらしいのですが、現在は有料展示のチケットを持ってる人限定になっていますのでご注意ください!行く予定の方は、プールがどの有料展示に含まれるかも事前確認ください。(※2019年8月現在

金沢旅行のホテル宿泊費を安く抑える方法

つづいて、滞在したホテルと、ネット割引の方法を紹介します。

滞在した「ホテルインターゲート金沢」 – 無料Wi-Fi、フリードリンクなど

ホテルインターゲート金沢(booking.com)

ホテルインターゲート金沢(booking.com)

ホテルインターゲート金沢 – 朝食バイキング

宿泊費 25,400円(2泊2名・朝食付き/ツインルーム)
立地 兼六園、21世紀美術館に近く観光に好立地(Google Mapで見る)
メモ 2019年3月にオープン。無料Wi-Fi、美味しい朝バイキング、サービス充実

滞在したのは「ホテルインターゲート金沢」というところで、2019年3月にオープンしたばかりです。

部屋だけでなく、エレベーターにもカードキーを使わないと動かないセキュリティ対策がされていました。

また、朝バイキングが美味しくて朝食付きはおすすめです!朝食付きの人でなくても、1回ロビーでフリードリンクや、夜にはお粥をいただいたりできます。嬉しいサービスが充実していました。

お風呂は部屋に付いてますが、2Fに大浴場もあります(スーパー銭湯のようにいろんな湯船を楽しめるわけではないです)。2Fにはコインランドリーもあって、2泊したので洗濯ができて助かりました。

25400円は2泊2名分なので、1泊1名だと6350円!

こんないいホテルで、なかなか安く泊まれたと思います。では、どのように探してネット割引を利用したのかを紹介していきます!

【ネット割引】Booking.comのクーポンとgenius会員

上のリンクの通りなのですが、ホテルはBooking.comで探して見つけました。探しやすいので、最近は国内旅行でもBooking.comでホテル予約をすることが多いですね。

今回Booking.comで利用したネット割引はふたつありますので、それぞれ紹介します。

≫ Booking.com

【割引1】Booking.comのキャッシュバッククーポン

キャッシュバッククーポン

ネット割引のひとつ目は、キャッシュバックがもらえる紹介クーポンの利用です。

値段は2000円キャッシュバックが多いようです。

これは予約者も紹介者も2000円キャッシュバックがもらえるので、使わない手はないですよ。

ブログやツイッターなどでクーポンを載せている人も多いですよね。私も予約の際にはそういった人のを使わせてもらってます。下が私のクーポンのリンクなので良かったらご利用ください。

Booking.comキャッシュバッククーポン

下のリンクボタン経由で予約・宿泊が完了すると2000円がもらえます。紹介枠に限りがありますのでご利用予定の方はお早めに。(※合計8000円以上の宿泊が対象です)

【割引2】Booking.comのgenius会員割引

genius会員割引

ふたつ目のネット割引は、genius会員というものです。なる条件は、

2年以内にBooking.comを、

  • 2回利用 → genius会員レベル1
  • 5回利用 → genius会員レベル2

実は、自分がgenius会員であることを知らなくて(そもそもその制度を知らなかった・・・笑)、同じホテルの料金が友人が見てるものより安くて気づきました。

genius会員割引の内容ですが、

  • 会員レベル1 → 10%オフ
  • 会員レベル2 → 10%または15%オフ(+無料朝食、無料客室アップグレードの場合もあり)

となっています。10%オフは大きいです!

今回のホテル宿泊費は、28200円→25400円という感じに2800円ほど安くなりました。キャッシュバッククーポンと合わせると、2人分で4800円も安くなってます!

旅の同行者にgenius会員の人がいたらそのアカウントでの予約がおすすめです!

【おまけ】カップルでの金沢旅行だとさらに安い!

ホテルインターゲート金沢(booking.com)

これはBooking.comでの予約に限った話ではないですが、カップル旅行だとさらに安くできます。

というのは、ツインルームではなくてダブルルームを選択できるからですね!(もちろん、夫婦や友人同士でこのタイプの部屋を選んでもいいですよ笑)

私たちの2泊2名の場合で、4000円安かったですよ。

学生のカップル旅行なら、繁忙期をずらしてダブルルームを選べるので、いちばん安い金沢旅行ができるのではないでしょうか?羨ましいですね笑

≫ Booking.comで「ホテルインターゲート金沢」を詳しく見る

金沢旅行の交通費を安く抑える方法

金沢旅行の交通費を抑えるために、ふたつのネット予約を用いました。

  1. 高速バス
  2. えきねっとでの新幹線予約

なのですが、こちらもそれぞれ紹介します。

【割引1】高速バスの利用とネット予約

割引というか、高速バスはそもそも新幹線よりかなり安いですよね。なので旅費節約のため、金沢からの帰りだけを高速バスにすることにしました。

これにはJR高速バスのネット予約ができる「高速バスネット」をいつも利用しています。一応、ネット割引もあって、100円くらいは安く買えます。

≫ 高速バスネット(JRバス)

JR高速バス(3列シート)金沢 → 東京:8020円

高速バスで8000円はやや高めですが、これはシートの広さなどで変わってきます。

もっと安いものを探したい場合には「高速バスドットコム」で民間事業者のバスを探すのがおすすめです。かなり充実しています。以前に年末でJR高速バスが取れないときでも、ここで見つかりました。

≫ 高速バスドットコム(民間バス)

【割引2】えきねっと(JR東日本のネット予約)

新幹線の切符を安く買う方法は、えきねっとというJR東日本エリアの切符のネット予約ができるサービスを利用する方法です。

≫ えきねっと(JR東日本)

えきねっとのネット予約は割引率がとにかく高いのが特徴で、最大35%オフから、25%オフ、10%オフなどもあります!

1ヵ月前の午前10時に発売開始になるので、35%オフ、25%オフは取り合いという感じです。

今回、東京~金沢間で買えたのは10%オフの「トク10」切符だったので、割引は、

えきねっと【トク10】東京→金沢(指定席):14320円 → 12880円

となりました。約1400円安く新幹線の切符が買えました。

10%オフでも大きいですが、少し前でも意外と残ってたりしますのでねらい目です!

えきねっとの利用に関しては詳しくは以前に書いた下の記事をご覧ください。

初めての2泊3日金沢旅行の費用報告 – おわりに

というわけで、初めての2泊3日金沢旅行にかかった費用や、安く行くためのネット割引の使い方を紹介しました。ネット割引を使うことで1人当たり4000円くらいも節約することができました!

海外旅行が今は安く行けるようになって嬉しいのですが、やはりお手軽さでいうと国内旅行は抜群ですね!思いついたときに計画して行けますよね。

今回紹介した割引サービスを使っていない人がいましたらぜひ活用してみてください。スマホひとつで出来ますよ。参考になりましたら幸いです。

Booking.comキャッシュバッククーポン

下のリンクボタン経由で予約・宿泊が完了すると2000円がもらえます。紹介枠に限りがありますのでご利用予定の方はお早めに。(※合計8000円以上の宿泊が対象です)