FUJIFILM Superia400【フィルム作例・レビュー】

Hiron
こんにちは、フィルムカメラ沼のHironです。(@hironoverland25)

廃盤の期限切れフィルムFUJIFILM Superia400の作例ページです。

FUJIFILM Superia400の個人的な所感とともに作例を紹介します。

FUJIFILM Superia400とは

FUJIFILMが販売していたフィルムで、現在は廃盤です。

Superiaだけの名前のフィルムが過去にあったんですね。Superiaシリーズとしてかつてはいろんな種類がでていたのかなと思います。(FUJIFILMのカラーネガフィルムには基本的にSuperiaが冠されていたのかな?)

  • Superia
  • Superia X-Tra
  • Superia Venus
  • Superia Premium

ということでしょうか。

2019年10月現在、現行品のSuperiaシリーズとしては以下の2つが購入できます。

FUJIFILM Superia400の作例

10月の地元静岡のお祭りに帰省した際に使用しました。

カメラはOlympus PEN-Fです。ハーフサイズカメラなのに、交換レンズの一眼レフです。かなりコンパクトです!

久しぶりに撮影する楽しさを感じています。

今までは、旅行と言えばRollei35Sでしたが、最近はOlympus PEN-Fをよく持っていっています。

ただ、この期限切れフィルムは劣化が激しくて、写りはいまいちでしたね。

Olympus PEN-Fは、コンパクトフィルムカメラおすすめ15選でもピックアップしてますので、フィルムカメラを探している方は参考にしてみてください。

RECOMMEND デジタルでフィルムを再現するならAdobe Lightroom

おわりに

というわけで、今回はFUJIFILM Superia400の作例を紹介しました。

かなり劣化していてざらざらとした粒子感とフェードが際立った写りになってしまいました。ただでさえハーフサイズカメラだったので、よりざらつきがひどくなったのかもしれません。

期限切れのVenus400はなかなかおもしろい写りでしたが、ISO400フィルムはやはり劣化が大きそうです。参考になりましたら幸いです。