COSINA 28mm F2.8 – シックな写り、あまり情報がないKマウントコシナの広角レンズ。今のCarl Zeissはコシナなの?

スポンサードリンク
 

コシナのこと

2017年7月購入。
偶然であったコシナのレンズ。新しいメーカーを使うときにWikiで調べるのが面白い。コシナは社長の出身地の「中野市大字越」から取っているんだとか。買った経緯を詳しく覚えていないけど、広角をさがしていて出会ったような・・・ただ、ググってみてもほとんど情報は出てこなかった。これとかなり似たレンズで「MACRO」の文字があるものもあるみたい。そっちは15cmまで寄れるみたい。これはMACROはなくて30cmくらい。

なにより、現在のコシナはカールツァイスのレンズを作っていると知って、ぞわぞわ・・・。
富岡光学もそうだろうけど、こういうのずっとカメラをやってきて追って来てる人からしたら「そうですけど」くらいかもしれないけど、日本にカールツァイスがあるの?ってびっくりしたりする(数か月前までCarl Zeissなんてただのブランド志向でしょみたいに思ってたにわかが・・・汗)

部屋での試し撮り

このレンズ使いたいと思いながら、部屋での試し撮りくらいでしか使えてない。写真は、当時インテリアのDIYにハマっていて、話したら友人も考えてほしいっていうから絵を描いていたもの。絵もしばらく描いてないな・・・。オールドレンズのせいだ笑
なんというか、シックな写りという印象。部屋の暗さの影響?
写り方は嫌いじゃないです。もっとこのレンズを生かした写真を撮りたいな~

結構寄れる。でも広角だから50mmよりゆがむかな。この辺の写りのしくみもちょっと知っておかないとか・・・。

ボケも悪くないですよ!

 

カールツァイスが欲しい気がする・・・

もともとはカールツァイスコピーの安い「ロシアレンズ」でいいと思っていたのが、急に本物(?)が欲しくなってしまった。で、カールツァイスのオールドレンズで買うべきは何だろう??と調べて、物欲が抑えられなくなったレンズがこちらの・・・

フレクトゴン!!
ebayで注文して、あっという間にドイツから(ポーランドだったかも)とどいたのだった。

次回、フレクトゴンの前に、ジャンクレンズで撮ってみたというのを!

つづく。

スポンサードリンク
スポンサードリンク