PENTAX-M 50mm F1.4 – 大口径レンズのボケに驚く。PENTAX機のハイパーマニュアルがとても便利!

スポンサードリンク

PENTAX istDSを使ってたけど、「開放でしか撮れてない??壊れた!!」
と思ってとっさにネットで中古で購入したのがPENTAX K-7。
実は壊れてませんでした・・・汗
そんな勘違いから「とろけるボケ」というジャンルのオールドレンズと出会うことになりました。

 

PENTAX Kマウントのオールドレンズを使うときの心得!

なぜistDSが壊れていたと思ったかというと、絞りを絞ってもぜんぶ開放で被写界深度の浅い写真しか撮れていないと思っていて、実際「絞り」が機能してないことに気付いたから。

でも、これは逆にPENTAXのデジタル一眼レフのオールドレンズに対応したすごい機能があって、これをPENTAXでは「ハイパーマニュアル」と言ってるみたい。

PENTAX機のハイパーマニュアルとは?

PENTAXデジタル一眼レフでKマウントのオールドレンズを使う場合、「絞り優先オート」にしていると、すべて開放での撮影になってしまう。
そのため、M(マニュアルモード)を使うのだが、上写真の「グリーンボタン」を押すことで一瞬絞りが機能し、適正露出にしてくれる(オールドレンズなのでシャッタースピードを適正に算出してくれる)。

一眼レフはファインダーがレンズを通したものを見るから、絞ると見るものは暗くなるけど、この機能だと開放のままなので対象も見やすい!余談だけど、オールドレンズに口径の大きなレンズが多かったのも、この「見易さ」が関係しているとか・・・。
現在のデジタルでは液晶に表示されるようになったから、絞りの状態もレンズの明るさ(F値)もさほど重要ではなくなったわけだけど・・・。

ハイパーなのは、露出を+-している場合、それを加味して適正露出にしてくれることもできるところ。PENTAX機ではKマウントのオールドレンズがかなり使いやすいです!

おまけレンズ PENTAX-M 1.4/50 がバケモノだった!?

このボディを出品者から購入したところ、おまけでレンズが付いてきた。「ヘリコイドが重いジャンクです」とのこと。ところが、このレンズで撮影してみてびっくり!なにこのボケは!!?

まだオールドレンズにハマり始めだったから、このF1.4クラスのレンズの価値を全然分かっていなかった。F2、F1.8、F1.7あたりのレンズは数千円のかなりお求めやすい価格なのだけど、F1.4となると急に1万円クラスになってしまう。そして、これより明るいレンズを持ってもいない。さらに明るいF1.2クラスはもう4~5万になってしまうから手も出ない。

ヘリコイドの重さはかなりで、ちょっと使うのが大変なくらいだったけど、これは頑張って分解・掃除してなんとかなった。無水エタノールやベンジンなどが必要だったけど、これはずっと必要になるし、勉強代ですね。

PENTAX-M 1.4/50の試し撮り

はじめは分かってなくて風景とか撮ってたけど、物撮りですごい!
部屋の小物がなんでもよく写ってしまう!笑

PENTAXレンズの真骨頂であるとろけるボケとはこのことか〜と。RIKENON 2/50のときもボケには驚いたけど、こっちに比べるとRIKENONのボケは硬めですね。

 

代々木八幡神社のお祭り (PENTAX K-7 + PENTAX-M 1.4/50)

2017年9月。活気のある夜のお祭りを撮りに行こうと、一番あかるいこのPENTAX M 50mm F1.4レンズを持っていった。

明るい大口径レンズをお探しならおすすめの1本。45cmまで寄れるので、小物や食べ物などの物撮りにも重宝してます。結果的に一番使ってるレンズです!

次でようやくM42マウントの世界に足を踏み入れます!
次回は、おそらくインスタでのオールドレンズ利用No1の海外から届いたレンズです!

つづく。

スポンサードリンク
スポンサードリンク