オールドレンズ沼が案外お金がかからない理由。賢くカメラ・レンズと付き合うTIPS!

スポンサードリンク

「オールドレンズ沼に陥ると、すごくお金がかかるのでは?」と心配の方もいるかもしれないですが、実はそこまでお金はかからないです。場合によっては、むしろ、沼でお得なこともあることが経験からわかってきました。今回はそのあたりのことを書いてみようと思います。

 

お金がかからないのは、オールドレンズが資産になるから。

案外お金がかからない理由を言ってしまうと、

オールドレンズは資産=お金

になるからです。つまり、欲しい人が多くて取引が活発に行われているので、ほとんど「買ったときの値段で売れる」んです!最新レンズも同様に資産になると思いますが、オールドレンズの方が相場が安定しているので安心できますね。とくに、私の購入しているほとんどが3000円~15000円の低価格帯のレンズなので、買い手が付きやすいです。(高級なLeicaなどのレンズも同様に資産ですが、高額なため買い手がなかなかつかない心配があります・・・)

ただ、注意してほしいのは、

オールドレンズ沼 ≠ オールドレンズコレクター

ということです!
コレクターの場合、レンズが資産(=お金)にはなってないので、買えば買うだけお金がかかりますね・・・。「沼」の定義は難しいですが、私のイメージするのは「いろんなレンズを試したい!」という感じでしょうか。レンズ集めではないので、ある程度使って満足したら手放します。また同じレンズが使いたくなったら購入しなおします。という感じ。

このブログで紹介しているクラスのレンズでしたら、予算50000円もかからないですべて試せます。それで、ある程度気に入ったレンズを残すということもできるのでは?と思います。

レンズ沼で「見た目上」は予算以上に使えてしまうからくり・・・

オールドレンズ沼になってレンズの売り買いをネットでやっていて気づいたのですが、予算の中でやっていたとしても、「見た目上」はそれ以上使ったことになるんですよね。

ちょっと数字の話になりますが、予算を50000円とします。
50000円でレンズを数本購入して、ぜんぶ十分使ったと思い売ると、ほぼ同額で売れます(便宜上)。
そうすると、戻ってきた50000円でまたレンズを買えます。
戻ってきたお金をすべてまた使うと、合計で10万円使ったことになります。

当たり前のことなので、からくりというほどでもないですが、5万円の予算で10万円使えてしまうんですよね。ほかの買い物ではなかなかこうはいかないと思います。レンズならではかと。

ここで主婦的な発想をすると、10万円使えばけっこうなポイントがもらえるということです!

カメラ・レンズ購入でむしろお得になる、カードのポイントとマイル

お得にポイントが貯まるのに、現金でレンズを買っては損してしまいますよね。私も途中で気づいて、ポイントがたまるクレジットカードをあれこれ探しました。ここでいくつか候補にあがったものを紹介したいと思います。新規でカードを作成すると、それだけでレンズ一本分くらいのポイントがついてきたりしてさらにお得だったりしますね。

Amazonでよくカメラ・レンズを買う

Amazonでよくカメラ・レンズを買う人にはJCBカード(オリジナルシリーズ)がお得です。オリジナルという他社と提携していないカードです。Amazonショッピングは、JCBのポイントモール「Oki Dokiランド」経由で購入することでポイント(Oki Dokiポイント)が通常の2倍になります。貯まったポイントはAmazonで利用もできます。セブンイレブンやスターバックス(※事前登録)でもポイントが貯まるので、よく利用する方はさらにお得です。また、39歳以下だとこちらもさらにお得なJCBカード W / W plus Lもあります!

≫ JCB「Oki Dokiランド」Amazonページ

楽天でよくカメラ・レンズを買う

楽天でよくカメラ・レンズを買う人には当然というか、楽天カードがお得になりますね。楽天市場でのポイント(楽天スーパーポイント)が、通常の1%から3%になります。楽天市場アプリだとさらに1%付くなど、楽天関連のサービスを多用してる方にはかなりお得です。最大で14%も付くようです!ENEOSなど提携店でもお得にポイントが貯まるので、自動車利用の方にもおすすめポイントになりますね。

国内旅行好きにはリクルートカード

レンズ購入先がとくに決まってなくて国内旅行好きなら、高還元のリクルートカードがおすすめです。もともと1.2%という高い還元率ですが、ホテル予約サイト「じゃらん」で支払する場合には3.2%にアップします!旅行保険も付帯してるので持ってるだけでも安心です。貯まったリクルートポイントはリクルート系サイトで使えるだけではなく、Pontaポイントに交換できるのでローソンやゲオなどをよく利用する人にもおすすめです。

海外旅行好きにはマイルの貯まるカード

Amazon向けのJCBカードと迷いましたが、私が作ったのはこちらの「デルタ スカイマイル JCBテイクオフカード」です。ebayでのレンズ購入が増えてきていたのと、海外旅行好きということもありマイルを貯められるクレジットカードにしました。デルタ航空「スカイマイル」なのですが、決め手は加盟航空会社が多いこと(20社)と、マイルが永久不滅ということでした。年会費はかかりますがコストパフォーマンスも高いです。ネットでのレンズ購入だけではなく、コンビニをはじめ日々の支払いも楽しくなりますね。

海外旅行のグレードを上げれるカード

家族がいてたまの贅沢を楽しみたい方には「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレスカード」がおすすめです。1年間無条件でデルタ航空上級会員「シルバーメダリオン」資格付き。優先チェックインや、空席時にはワンランク上のシートへの無償アップグレードなど快適なフライトを体験できます。

今回は、オールドレンズ沼で逆にお得になってしまうTIPSを紹介しました。キャッシュレス生活になるのでかなり楽ですし、ポイントで彼女や奥さんにプレゼントしたりマイルで旅行の計画を立てれば、レンズ購入の説得材料にも使えるのではないでしょうか?笑。賢く趣味のカメラ・レンズと付き合っていきたいですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク