Helios 44-2 58mm F2 – ebayって?ウクライナから届いたぐるぐるボケのロシアレンズ。

スポンサードリンク

2017年5月購入。
Helios 44-2は、Instagramのタグを見て「人気のオールドレンズはなんだろう?」という調査をしていて知ったレンズ。オールドレンズ入門レンズでは人気No.1じゃないかな?そういう理由で私もM42マウントの入門にHelios 44-2を選んだ。

ネットで詳しい人のブログとかを見てると「ebayで買った」というものが多い。そこでオールドレンズをやるからには「ebayに挑戦しなくては!」と初めて海外からの個人輸入に挑戦した。

ebayの安さだけではなくて、「海外からレンズが届く」というワクワクも、オールドレンズ沼に拍車をかけたかもしれない・・・。やってみるとebayはあまりにも簡単でした。

 

オールドレンズが格安で買える「ebay」って何?

これは世界マーケットのオークション。ヤフオクの世界版みたいなこと。
初心者として不安な点は、おそらく、「お金のやり取り」と「配達」の2点ではないでしょうか?

・お金のやり取り→Paypal
こちらは基本的にPaypalを通してやり取りします。つまり、直接出品者の銀行口座に入金というのではないので安心。Paypalは相手のアカウント(メールアドレス)さえ分かれば入金・返金ができるという仕組み。メルカリみたいに「受取評価」をしたら入金というシステムではないけど、返金の際はebayも仲介してくれるのである程度安心できます。

・国際的な配達
こっちも初だったけど、世界はこんなにも狭くなったんだというくらいに簡単にちゃんと届く。相手が使う配送の種類にも寄るけどだいたい2週間みておけば世界中どこからでも届くという感じ。中国の出品者の100円くらいのものが送料無料だったり、ドイツから5日くらいで届いたり、びっくりすることもあるくらい。余談だけど、池澤夏樹さんの小説を読んでいたら「以前はロシアが近かった」というような一文があったけど、今またロシア近いです笑。

登録さえできれば、あとはヤフオク感覚でできます。ちょっと英語は必要だけど、Google翻訳があるし。iPhoneひとつで個人輸入が完結してしまう。すごい時代!
≫ ebayはこちら

セカイモン

英語が不安な方は「セカイモン」というebayを代行してくれるサービスもあります。ロシアレンズは直接買えばヤフオクなどより安く買えるのでおすすめです。
≫ セカイモンはこちら

Helios 44-2とバージョンの違い

Heliosはロシアのレンズで、そのもとはCarl Zeiss Biotar 2/58のコピー。現在もシリーズが続いている。様々なバリエーションがあって、M42以外にもKマウントのも見たり、シルバーのがあったりする。

購入のとき気を付けたいのはバージョンによる「マウント」と「AUTO/MANスイッチの有無」の違い。Helios 44はM39スクリューなので変換が必要。また、Helios 44M-4以降だと絞りを使うのに「ピン押し」が必要になる。ペンタックス用の「ピン押し対応のアダプター」が高いので、ペンタックスユーザーはHelios 44-2またはHelios 44Mを購入するのがおすすめです。

ネットで作例を見る限りでは、Heliosのバージョンによる写りの違いはそこまで気にしなくても良さそう。

Helios以外にもロシアレンズは多くがCarl Zeissのコピーで、ほんとに逐次対応してるくらいにぜんぶ揃ってる感じ。Carl Zeissはレンズの祖なの!?「Carl Zeiss」の刻印を、PanasonicやSONYがカメラ売るためにドイツから借りたハンコくらいにしか思ってなかったから、歴史を知ると偉大さを実感する・・・汗。ロシアンコピーで安く遊べるという恩恵を受けてます!

試し撮り PENTAX K-7 + Helios 44-2 2/58

インスタで見たぐるぐるがなかなか出ないけど、色もボケもきれい。
ちょっとぐるぐる。ぼかすバランスが必要。

木漏れ日でぐるぐるの出方を調べてみる。

東京競馬場にて PENTAX K-7 + Helios 44-2 2/58

APS-Cサイズだと75mm相当のレンズになるから、ポートレートすると背景がボケていい感じ。パドックを見るみなさん。群衆がぐるぐるボケる。
Helios44-2はぐるぐるで有名だけど、普段使いにも十分つかえる楽しいレンズでした。比較的安く買えるのでロシアレンズの最初の一本にいかがでしょうか?

次回は、Heliosと一緒に買った有名な星ボケレンズです!

つづく。

スポンサードリンク
スポンサードリンク